婦人

老化によるたるみは最新の美容整形でキレイに無くそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

老けて見られる原因を防ぐ

頬を触る女性

紫外線に気を付けるべき

年令とともに気になる症状の一つにたるみがあります。たるみが起きる原因は、加齢によるものが大きいと言えます。本来、皮膚は表皮・真皮・皮下組織の三層構造になっています。若いうちは細胞分裂も盛んで、新陳代謝が活発に行われるために肌も弾力性があります。しかし年齢とともに、真皮を支えるコラーゲンとエラスチンが減少したり細くなってしまうと、だんだん真皮を支えることが出来なくなり肌がたるんでしまうのです。例えるならば、メッシュのワイヤーバッグに荷物を入れると、長く伸びてしまいます。このような現象が加齢とともに肌の真皮では起こっているのです。加齢は避けることが出来ないものですが、コラーゲンとエラスチンの減少はある程度防ぐことが出来、それによりたるみを遅らせることは出来るのです。実はコラーゲンとエラスチンは紫外線の影響を受けやすいという特徴があります。若いころから外で紫外線を浴び続けてきたスポーツ選手と、屋内での練習や試合がメインのスポーツ選手とでは、同じスポーツ選手でもたるみの出方が大きく違ってくるのです。加齢は止めることが出来ませんが、少しでもたるみを遅らせるためにも、紫外線には十分に気を付けることが必要なのです。

メスを使わない美容整形

しかし気を付けていてもいつかは出てしまうのがたるみです。このたるみは、美容皮膚科や外科で治療することが出来ます。顔にメスを入れるなんて、と抵抗がある人も多いでしょうが、レーザー治療によるものならばメスは一切使わずに治療することも可能です。切ることがないために傷跡が残ることもなく、治療後はメイクをして帰ることも可能です。レーザー治療の目的は、レーザーを当てることによりコラーゲンを増幅させることです。コラーゲンが増幅されれば皮膚のたるみは改善されるのです。またヒアルロン酸注射は、たるんでいる部分にヒアルロン酸を注入することによって皮膚にふくらみを持たせることが出来ます。即効性があるために気軽にできる治療法としても人気があります。これらの治療法は、手術に比べて安価なため、手軽にできて効果も早いという特徴がありますが、その反面永続的な効果が得られない点には注意が必要です。また、実はたるみの原因になるのは、ストレスやたばこ、食生活なども影響が大きいと言われています。また、頬杖やポニーテールなどもたるみの原因になったり、表情筋の乏しい人もたるみやすい傾向があります。病院で治療するとともに、これらのことに気を付けて生活することによって、治療の間隔をあけることもできるのです。たるみは実際の年齢よりも老けて見られがちです。少しでも改善できるようにいろいろ考えてみることが大切です。

コンプレックスを解消

鏡を見る婦人

たるみ治療に関してはさまざまな施術がありますが、その中で最新の施術となっているのが超音波を使った方法となります。これは皮膚の深いところまでしっかりと熱エネルギーを届けることができるようになっています。

詳細へ

整形でたるんだ肌を解消

カウンセリング

たるみのコンプレックスを解消するなら、美容外科のたるみ治療が一番です。肌を引き締めつつ脂肪を除去できるので、見た目年齢が大幅に若返ります。たるみを放置すると、毒素を溜めて脂肪細胞を増やしたり、二重あごを引き起こしたりするリスクがありますから、1日も早く美容外科で解消しましょう。

詳細へ

顔にも首にもハリを復活

ドクター

紫外線の中でもUV-Aの影響や、加齢などによって顔や首にたるみが生じると実際よりも年を取って見られやすくなります。そんなときにはボトックス注入を使い分けることでたるみを効果的に改善することが可能となります。

詳細へ

若々しい肌を取り戻す施術

顔に手を当てる人

たるみ治療には様々な種類がありどれも優秀ですが、覚えておかなければならない注意点も存在します。ヒアルロン酸注入はダウンタイムがほとんど無く費用も手頃であり、安全性にも優れています。ボツリヌストキシン注入には小顔効果もあり持続性に優れています。切るリフトアップは効果が非常に高くて半永久的に持続します。

詳細へ