女の人

老化によるたるみは最新の美容整形でキレイに無くそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

若々しい肌を取り戻す施術

顔に手を当てる人

たるみ治療を受ける際、切るリフトアップと切らないリフトアップが用意されています。切らないリフトアップの場合、ヒアルロン酸を注入したりボツリヌストキシンを注射する方法があります。ヒアルロン酸は元々肌中に存在する成分ですので注入しても影響がほとんど無いと言われていますが、効果の持続性においては多少の問題があります。一定期間が経過すると自然と吸収されていきますので、長い期間を経れば元の状態に戻ってしまいます。ですので、定期的にメンテナンスを行なうようにしましょう。また、初めて施術を受ける際のお試しとして、ヒアルロン酸を注射し仕上がりを確認することもできます。万一、思っていたのと違う印象になっても自然に元に戻るので安心です。ボツリヌストキシンは筋肉を萎縮させてしわを改善する方法であり、注入する量を誤ると表情が不自然になってしまう可能性がありますが、それを回避するには腕の良い医師に施術を行ってもらうのが効果的です。ずっと効果が持続するのは切るリフトアップですが、ダウンタイムが長いので日常生活に支障が出る可能性もあります。たるみ治療を受けた後のスケジュールを空けたうえで、施術を受けるようにしましょう。

それぞれの施術のメリットについて見ていくと、ヒアルロン酸の注入ではダウンタイムがほとんど無く、施術が短時間で終了して費用も手頃であることが大きなポイントです。また、顔全体のしわやくぼみを改善するのに役立ち、即効性がある点も見逃せません。非常に安全性の高い方法ですので、初めてたるみ治療を受ける人にも選ばれることの多い方法です。ボツリヌストキシン注入では、筋肉を軽く麻痺させてしわが作られないようにしますので安全面に不安を持つ人も多いのですが、実際にはヒアルロン酸の注入と変わらない位安全な方法です。たるみを解消するだけでなく、筋肉の発達によって張ったエラを改善することができ、小顔効果も得られます。施術後はすぐに効果を実感でき、持続性においても優れています。これらの注入タイプのたるみ解消法が出てきたお陰で、気軽に施術を受ける人も増えているようです。切るリフトアップの最大のメリットは、効果が非常に高く半永久的に持続する点です。手軽な方法が色々と出てきているのにも関わらずダウンタイムの長い切るリフトアップを利用する人が後を絶たないのは、施術に確実性を求めるからです。大幅な若返りが期待できる方法です。